HOME
 展示コーナー1
 展示コーナー2
ブログ
お問い合せ
リンク
 
 
 
 
 
 
 
 


堅山南風
堅山南風 明治20年、熊本県生まれ。本名は熊次。
大正2年、第7回文展で初入選し、これが二等賞、 横山大観から激賞を受けた。
翌年から、横山大観に師事。 大正5年から6年にかけて、画境の打開を求めインドに渡る。
この作品は、このときのものです。
昭和33年、日本芸術院会員。 昭和43年、文化勲章受章。
題材の多彩さで知られ、歴史、花鳥、人物画をよくし 市井の光景をすっきりと描いた。
作品右下に、南風先生の自署、
「大正六年二月 アグラ郊外古跡址 可児 三井社宅ニテ 南風」 とあります。
評価額1300万円。


額と作品
作品サイズ49X59cm
額サイズ72X80cm


作品・右下
署名と題名
 
なんでもどうぞ!