HOME
 展示コーナー1
展示コーナー2
ブログ
お問い合せ
リンク
 
 
 
 
 
 
 
 



徳力 富吉郎
「雪の東大寺二月堂」
木版画 8号大

この作品は、徳力富吉郎の木版画「雪の東大寺二月堂」に東大寺別当であった清水公照先生に「日々平安」の書と署名、印をいただいたものです。
日本を代表する木版画家の東大寺を描いた作品に東大寺の「今良寛」と尊敬を集めた清水公照の書をいただいたことを誇りに感じ、大切にしています。
作品のイメージサイズは38x47cm。 額は古いので、交換する予定です。

徳力 富吉郎 (とくりき・とみきちろう) 1902年、京都市生まれ。
1924年、京都市立美術工芸学校卒業。
1928年、土田麦僊に師事、同年国展樗牛賞、
1929年、国画賞を受賞。
1946年、ニューヨークで個展、
1966年、クリーブランドで棟方志功と同時個展。
ニューヨーク、ロサンゼルス他で海外個展を多数開催。

日本にしかない多色摺り木版画の美の創造を目指す一方、多彩な研究と著述で広範囲に活動しています。
作品はニューヨーク近代美術館、東京国立美術館など各地の有名美術館に収蔵されています。
清水公照 1911-1999(明治44-平成11)。東大寺別当207世208世。大仏殿昭和大修理落慶大法要を主宰厳修。東大寺長老となる。 今良寛と呼ばれた、姫路市出身の元東大寺管長清水公照は、教育、文化の向上につとめ、東大寺学園の創設、また、書・画・陶芸の分野で旺盛な創作活動を続けました。


額と作品
作品サイズ 38X47cm
額サイズ 53X62cm


画伯サイン
 
なんでもどうぞ!